2018/05/18 17:00

英国領インド最後の6か月、真実の物語『英国総督 最後の家』日本公開日が決定&ポスタービジュアル公開!

『英国総督 最後の家』ポスタービジュアル
『英国総督 最後の家』ポスタービジュアル

1947年、独立前夜、混迷を深める激動のインドで歴史に翻弄された人々を鮮やかに描いた感動の人間ドラマ、第67回ベルリン国際映画祭正式出品作品の『Viceroy’s House』(原題)の邦題が、『英国総督 最後の家』として、8月11日(土・祝)より新宿武蔵野館ほか全国順次ロードショーが決定。併せてポスタービジュアルも解禁された。

この度解禁されたポスタービジュアルでは、宮殿のように豪華なデリーの総督の家の前でずらりと並ぶ大勢の使用人たちを背景に、英国総督マウントバッテン卿とその妻が肩を寄せて堂々と立つ姿が描かれている。「二つの国が生まれる時―英国領インド最後の6か月、真実の物語」というコピーと、ポスターの両端で離れ離れで見つめ合うインド人の若い恋人たちが、その後のインド分断を予感させるビジュアルとなっている。

マウントバッテン卿には『パディントン』シリーズ(14~17)、人気テレビドラマ「ダウントン・アビー」(10~15)のヒュー・ボネヴィルが威厳を湛えながら心優しく誠実な総督を演じ、その妻でインドへの深い愛情を示すエドウィナ役のジリアン・アンダーソンと共に、自身の祖父母が分離独立の際に大移動してきたことを知ったグリンダ・チャーダ監督が、「私自身の映画を作りたい!」という強い思いを叶えた感動のドラマがここに誕生した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >