2017/07/19 13:30

『カーズ/クロスロード』、マックィーンの師弟関係がイーストウッド作品越え!?の涙を誘う理由

旅をしていく中で師弟関係が生まれていくマックィーンとクルーズ
旅をしていく中で師弟関係が生まれていくマックィーンとクルーズ

『トイ・ストーリー3』、『カールじいさんの空飛ぶ家』といった胸を打つ物語を生み出してきたディズニー/ピクサー。そんなスタジオが贈る新たな感動作、『カーズ/クロスロード』が7月15日に日本公開となる。本作で大きな感涙ポイントとなるのが、マックィーンとドック・ハドソン、そしてトレーナーのクルーズとマックィーンの間にある師弟関係だ。

本作では、これまで活躍を続けてきた主人公マックィーンが次世代のレーサーたちの台頭により、大きな挫折を経験する。そして「夢の続きか、それとも新たな道か」という彼の“人生の岐路”が描かれる。そこで注目したいのが、マックィーンを中心とした師弟関係。これまでも、こうした師弟関係は、『グラン・トリノ』や『ミリオンダラー・ベイビー』といった、クリント・イーストウッド監督の感動作の中でも描かれてきた。本作で描かれる師弟関係は一般的なものとは少し異なり、技術を伝えるのではなく、対話や助言を通して自ら気付きを促すというもの。そのため、師匠の弟子への思いや伝えたかった重要なことに気付いたとき、それが観客に感動の涙を誘う。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >