2017/09/20 11:00

思わずモフモフしたくなる!『僕のワンダフル・ライフ』特別映像解禁!

キャストも顔負けの名演技を披露した犬たち
キャストも顔負けの名演技を披露した犬たち

けなげでかわいい犬を主人公に贈る、涙と笑いと感動の物語『僕のワンダフル・ライフ』が、9月29日より日本公開となる。この度、人間顔負けの名演技を披露した“犬たち”をキャスト自ら紹介した、本作のフィーチャレット映像が解禁となった。

本作の真の主人公はベイリーに魂を吹き込んだ4頭の犬たち。ラッセ・ハルストレム監督からキャスティングを託されたアニマル・トレーナーのマーク・フォーブスは、“プロの俳優”の中からではなく、インターネットを活用し、アニマルレスキューの団体、シェルター、ブリーダーなどをあたり、全米をくまなく探し回り彼らを見つけ出した。到着した映像では、犬たちが草原で元気に走り回るシーンから始まり、キャストたちが名演技を披露した犬たちを紹介している。

オリジナルのベイリーを演じたレトリバーのトリップを“友達”と紹介するのはイーサン(8歳)役のブライス・ゲイサー。「大好きよ。特別な犬に思えていつもK・Jとトリップを取り合ってた」と笑顔を見せるハンナ(10代)役のブリット・ロバートソン、さらに、イーサン(10代)役のK.J.アパも「才能に溢れた犬で感動した」と彼に称賛の言葉を贈る。続いて登場するのは、イーサンと過ごした幸せな犬生を終え、ベイリーが生まれ変わりを果たした警察犬・エリー役、シェパードのシャドウ。2度目にベイリーが生まれ変わりを果たしたコーギーのティノ役を演じたマイロを「最高の相棒よ」と紹介するのはマヤ役のカービー・ハウエル=バプティスト。そして、「最高よ。目が素敵なの」と大人になったハンナ役・ペギー・リプトンに紹介されるのは、セント・バーナードとオーストラリアン・シェパードのミックス、バディ役のボルト

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >