2018/01/22 12:00

『ジオストーム』主演ジェラルド・バトラー、 恐怖のリアル自然災害体験を激白!

胸をなでおろすジェラルド・バトラー
胸をなでおろすジェラルド・バトラー

人々の想像を遥かに凌ぐディザスター・アクション大作『ジオストーム』(大ヒット上映中)より、本作の主人公で気象コントロール衛星“ダッチボーイ”の暴走を食い止めようと奮闘する科学者ジェイクを演じたジェラルド・バトラーが、実際に体験した自然災害の生々しい瞬間を激白した。

その恐怖の瞬間をジェラルドはこう話す。「僕は異常気象をたくさん経験しているんです。例えば2012年のハリケーン・サンディをニューヨークで経験したけど、忘れられないです。数日間ダウンタウンの自分の部屋に缶詰め状態になりました。あとアイスランドでの撮影中には、1ヶ月の間に、なんと4つものハリケーンを体験しましたよ。ある日、僕たちの横のホテルの屋根が吹き飛んでしまいました。撮影隊のベースキャンプが3度消えてなくなったこともあります。セットに行くと、文字通り何もかもが消えていて、2度と見つからなかった。海に吹き飛ばされたのです!」ジェラルドはごく最近も自然の驚異を目の当たりにしたようで、「ユタ州をバイクで走る1600キロの旅で、嵐のような竜巻に遭遇しました!僕たちは毎時100キロのスピードで走行していたのですが、目もくらむような突風が襲ってきて、自分たちが吹き飛ばされるかと思いましたよ!」と興奮気味に語った。ジェラルドの演じるジェイクは、この全地球規模の異常気象を止めるべく奮闘するわけだが、彼の迫真の演技の裏には、死の恐怖さえも感じたこのリアルな自然災害体験があったに違いない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >