2017/08/23 14:40

バットマンの宿敵ジョーカーが主役の映画が製作されることに

ジョーカーを演じたジャレッド・レト
ジョーカーを演じたジャレッド・レト

DCコミックスの悪役ジョーカーが主役の映画が、製作されることが分かった。

ワーナー・ブラザースはスーパーヒーローのバットマンの宿敵ジョーカーの起源を描く作品を進めていて、映画『ハングオーバー』シリーズのトッド・フィリップスが脚本を担当し、監督を務める可能性があると芸能情報誌「ザ・ハリウッド・レポーター」は伝えた。映画『ザ・ファイター』(10)のスコット・シルヴァーと共同で脚本するという。さらにマーティン・スコセッシがプロデューサーとして参加すると噂されているが、確実ではないそうだ。

DCコミックスの最強悪役軍団が登場する『スーサイド・スクワッド』(16)ではジャレッド・レトがジョーカーを演じ、続編も製作される予定だが、今作ではほかの役者が起用されるとのこと。現在のDCコミックスの世界の一部ではなく、単発の作品で、ストーリーは1980年代初期のゴッサム・シティが舞台となる。

これまで過去にはジャック・ニコルソンとヒース・レジャーさんがジョーカーを演じており、ヒースさんはアカデミー賞助演男優賞を受賞している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >