2017/11/24 12:00

『gifted/ギフテッド』、天才児ならではの葛藤を新星子役マッケナ・グレイスが好演する映像

天才的数学の才能を持って生まれた少女メアリーを演じたマッケナ・グレイス
天才的数学の才能を持って生まれた少女メアリーを演じたマッケナ・グレイス

『(500)日のサマー』でセンセーショナルなデビューを飾ったマーク・ウェブ監督の最新作『gifted/ギフテッド』が11月23日より日本公開となる。そして、ハリウッドの期待の新星子役マッケナ・グレイスが天才児メアリーならではの葛藤を繊細な演技力で表現する本編映像が到着した。

主演は『キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ』のクリス・エヴァンスと、本作をきっかけにそのチャーミングな魅力とファッションセンス、そして観客を魅了する高い演技力で現代最高の子役スターの座に上り詰めた、大注目の新星マッケナ・グレイスだ。

天才的数学の才能を持って生まれ、大人びた性格に育った7歳の少女メアリー(マッケナ・グレイス)は、簡単すぎる小学校の授業にうんざり!自分にも理解が出来ない同級生の態度も気に入らず、クラスの様子をのぞきにやってきた校長先生に向かって、自分を家に帰らせるよう捲し立てる。解禁された映像では、学校での態度とは一転、しょんぼりとした様子のメアリーが「元々学校なんて行きたくなかった。なぜ私だけ怒られるの?」とポツリ。フランクは「”校長に怒る1年生で”検索して、その人数に驚いた。ゼロだ」と皮肉っぽさを交えながらも、父親らしく叱りつける。

役に対するマッケナの真面目な姿勢と、ただの子役とは思えないほどに繊細な演技力が相まって生まれる天才児メアリーならではの懸命な葛藤や、父親の表情で優しく寄り添うクリス演じる叔父フランクの姿に注目だ。

■『gifted/ギフテッド』
2017年11月23日(木・祝)より全国ロードショー
(C)2017 Twentieth Century Fox

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >