2018/02/26 19:00

ジャレッド・レト、Netflix日本舞台の新作でヤクザ役を演じて非難

日本が舞台の新作に出演するジャレッド・レト
日本が舞台の新作に出演するジャレッド・レト

俳優のジャレッド・レトが、ネットフリックスの新作映画『アウトサイダー』(3月9日世界同時配信)でヤクザを演じたことを非難されている。

『アウトサイダー』は第二次世界大戦後の日本が舞台で、監獄された米兵ニック・ローウェルが同じ部屋のヤクザに自由になることを助けられて、借りを返すためにヤクザに加わることになったというストーリー。主役のニックをジャレッドが演じる。ほかにも浅野忠信や椎名桔平も出演している。

そして、先日予告編が公開されたが、人々はこの映画はホワイトウォッシュだと非難。白人以外の役を白人が演じることはホワイトウォッシュと呼ばれている。ツイッターでは一部の人々が「日本が舞台で、日本人グループと白人の主役の話を作る理由なんてない」、「ヤクザに白人なんていない」とコメント。しかし、「人々はアメリカ人が日本でアメリカ人を演じていることをホワイトウォッシングと言っている」、「『アウトサイダー』っていう名前だよ、だって、彼は別の国でアウトサイダー(よそ者)だから」と擁護する意見もある。

ハリウッドでは映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』(17)でスカーレット・ヨハンソンが主役に起用されたことにより、ホワイトウォッシュだと批判されていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >