2017/11/26 14:00

ジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスがお互いについて歌った楽曲リスト!

5年前に交際していたジャスティンとセレーナ
5年前に交際していたジャスティンとセレーナ

最近、復縁が囁かれている歌手のジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメス。この記事では、2010年から交際しその後は復縁と破局を繰り返していたジャスティンとセレーナが、2012年も破局してからの約5年間の期間に、お互いのことや、二人の恋愛について歌ったといわれる曲をご紹介!

◾️「The Heart Wants What It Wants」 セレーナ・ゴメス
2014年11月にこの曲をリリース。セレーナはアメリカの有名司会者ライアン・シークレストに、この曲はジャスティンについて歌った曲と認めている。「彼(ジャスティン)は、この曲を美しいと思っていた様だけれど、私にとっては凄くハードだったわ」と話し、「私は彼を応援しているし、これからもそうよ。彼が腹立たしい気分の時は私もそう。彼が幸せなら私も幸せ。彼に悪いことは一切起こってほしくないわ。だってそれで私は傷つくの。ただそれだけよ」とライアンにコメントしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >