2017/11/28 08:00

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督最新作、『The Only Living Boy in New York』日本公開決定!

マーク・ウェブ監督最新作『The Only Living Boy in New York』
マーク・ウェブ監督最新作『The Only Living Boy in New York』

『(500)日のサマー』『gifted/ギフテッド』のマーク・ウェブ監督最新作、『The Only Living Boy in New York』原題)が、2018年4月より日本公開となることが決定した。

音楽愛に溢れたハイセンスな作風の『(500)日のサマー』(09)でセンセーショナルなデビューを飾ったマーク・ウェブ監督。スーパー・ヒーロー映画『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ、家族の素晴らしさを描いた感動作『gifted/ギフテッド』(大ヒット上映中)に続く最新作は、ニューヨークを舞台に、原題と同じサイモン&ガーファンクルの名曲「The Only Living Boy in New York」にのせて贈る大人のロマンティック・ラブストーリー。大学卒業を機に親元を離れた主人公(カラム・ターナー)は、同じアパートに住む小説家の男(ジェフ・ブリッジス)と出会い、彼から人生のアドバイスを受けることに。ある日、想いを寄せる女の子(カーシー・クレモンズ)と行った店で、偶然に父(ピアース・ブロスナン)とその愛人(ケイト・ベッキンセール)の密会を目撃したことから、思わぬ事態に展開していく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >