2017/10/27 17:00

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、原作者スティーヴン・キングの絶賛コメント映像解禁!

11月3日より公開の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』
11月3日より公開の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』

スティーヴン・キングの傑作ホラーの映画化『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(11月3日日本公開)より、本作をスティーヴン・キングが自身の原作ファンも楽しめるとコメントする特別映像が到着した。

本映像冒頭では、「子供の頃は、世界は自分を中心に回っていると思い込んでいる。でもある日気づくんだ。そうではないことにね」というナレーションから始まり、本作のメガホンをとったアンディ・ムスキエティ監督が「子供達はある恐ろしい事実を知ることとなる」と続ける。

本作の舞台となるデリーという町は殺人や不明者の数が平均の6倍だそうで、原作者のスティーヴン・キングは「”それ”は27年ごとに戻ってくる。その度に子供が失踪する」と、町で起こる不気味な事件が“それ”が原因であることをほのめかし、主人公・ビルを演じたジェイデン・リーバハーは「デリーで起きている殺人事件、つまり子供たちの失踪はすべてつながっている。子供達はその恐怖を乗り越える。仲間がいるからできること」と、仲間がいることで恐怖である“それ”に立ち向かっていくことが出来ると力を込めて語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >