2017/09/28 16:00

NFLの国歌斉唱時の膝つき抗議に「グレイズ・アナトミー」キャスト参加

膝をつき抗議する「グレイズ・アナトミー」のキャストとションダ・ライムズ
膝をつき抗議する「グレイズ・アナトミー」のキャストとションダ・ライムズ

アメリカン・フットボールのプロリーグNFLで始まった国歌斉唱時に膝をつく抗議活動。プロ野球リーグMBLなど、アメリカのスポーツ界で拡大の様相をみせているが、これに人気ドラマ「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」のキャストも加わった模様。通算300話目となるエピソードの撮影を行っていたキャストとクリエイターのションダ・ライムズが、膝をつき抗議する写真をインスタグラムに投稿した。

投稿された写真には、ションダ・ライムズとともに主役のメレディス・グレイを演じるエレン・ポンピオやジャクソン・エイブリーを演じるジェシー・ウィリアムズらのが膝をつく姿が映っている。キャプションには「…我々は連帯して人種の正義のために膝をつく」と書かれている。

この抗議運動は昨年夏にコリン・キャパニック選手が、黒人への警察暴力に抗議して国歌演奏時の起立を拒否し膝をついたことを機に、その後NFLの他チームに波及。これに対してトランプ大統領が、支持者集会で激しく罵ったことで火に油が注がれた。

この抗議はアメリカのエンターテイメント業界でも広がっており、先週末には歌手のスティービー・ワンダーやファレル・ウィリアムスがコンサート中に膝をつき抗議。また、ドラマ「Xファイル」のデビッド・ドゥカブ二ーとジリアン・アンダーソンもセットで腕を組んで膝つきする写真をインスタグラムに公開している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >