2017/11/29 16:00

ジェニファー・ローレンス、ダーレン・アロノフスキー監督との交際で大変だったこととは?

レッドカーペットに登場したジェニファー・ローレンスとダーレン・アロノフスキー監督
レッドカーペットに登場したジェニファー・ローレンスとダーレン・アロノフスキー監督

女優のジェニファー・ローレンスが、ダーレン・アロノフスキー監督との交際で大変だったことについて語った。

ジェニファーはダーレン・アロノフスキー監督の手がけた映画『マザー!』(17)に出演。昨年9月に2人の交際が明らかになったが、先日破局したことが伝えられた。

ジェニファーは「Variety」誌で俳優のアダム・サンドラーとインタビューを行い、普段は映画のプロモーションをして、終わりなので、映画の評価を見ることはないと明かしたが、「その監督と付き合うと違ったわ」「私たちは一緒にプロモーションのツアーをして、ホテルに戻ってきて、私が一番最後に話したいことや考えたいことは、その映画のことよ。彼は帰ってくると、その話しかしたくないの。理解できるわ。作品は彼のベイビーで、彼が脚本して、考えて、監督したんだから。私は協力的なパートナーになろうと、二役をこなしていたの。『どうか、一生のお願いだから、1秒でもいいから、『マザー!』のことは考えないで』ってなりながらね」と話した。ジェニファーはアロノフスキー監督が映画の評価を読み始めると、「健康的ではない」と止めたと明かしており、映画のネガティブな評価を読むと守りに入ってしまうので、読みたくないと語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >