2018/01/30 15:00

ブレイク・ライヴリー、昨年12月の撮影中のケガで2度目の手術へ

昨年5月のブレイク・ライヴリー
昨年5月のブレイク・ライヴリー

女優のブレイク・ライヴリーが、2度目の手の手術を受けることが分かった。

ブレイクは昨年12月にアイルランドのダブリンで行っていた映画『The Rhythm Section』(原題、2019年2月22日アメリカ公開)の撮影現場で手を負傷。プロダクション会社が撮影を中断したことを発表していた。

そして、関係者は芸能情報誌「ザ・ハリウッド・レポーター」にブレイクの最初の手の手術が計画通りに行かず、2度目の手術を受けなくてはいけないと明かした。そのため、回復に時間がかかり、撮影がいつ再開されるかは分からないという。映画の半分は撮影が終わっているそうで、別の関係者は撮影再開に5か月かかるのではないかと話している。

リード・モラーノ監督は今月、ブレイクの状態について、「大丈夫です。彼女は回復しています。問題なのは、普通、このようなケガは4週間か6週間のリハビリを行って、そえ木を装着します。スタントをしなくてはいけないので、とても複雑ですね」と明かしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >