2018/03/29 14:45

デヴィッド・ボウイの銅像、公開から48時間たらずで落書きされる被害

デヴィッド・ボウイの銅像が落書きされる被害(C)AFLO
デヴィッド・ボウイの銅像が落書きされる被害(C)AFLO
 2016年にガンのため死去した伝説の歌手デヴィッド・ボウイの銅像が、デヴィッドとゆかりのある英イングランド南部のエイルズベリーで公開されたところ、48時間も経たずに落書きされる被害に遭ったという。Peopleなどの海外メディアが報じた。 デヴィッドがジギー・スターダストというキャラクターをデビューさせた地であるエイルズベリーに、芸術家のアンドリュー・シンクレアが創作した銅像が公開されたのは現地時間25日。しかし27日の朝には「Earthly Messenger(地上のメッセンジャー)」と題された銅像の後ろの壁に、緑のペンキで「RIP DB(安らかに眠れ、デヴィッド・ボウイ)」、銅像の土台の前の地面に「Feed the Homeless First(まずはホームレスに食事を与えろ)」と書かれていたという。

 銅像は音楽プロモーターのデヴィッド・ストップス氏が発起人となったクラウドファンディングと、助成金で実現したという。さまざまなデヴィッドのモチーフが象ってあり、備え付けのスピーカーからは1時間ごとにデヴィッドの曲が流れるようになっているという。

 ストップス氏はBBCとのインタビューで「ウェブカメラが24時間作動しているので、誰がやったにしろ、カメラに姿が捉えられていますよ」と語っており、事実、バンダナのようなもので口を覆った男性がスプレーペイントで落書きしている姿が公開されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >