2018/04/05 15:45

コリン・ファレル、ドラッグ&アルコール依存の再発恐れリハビリ入り

リハビリ施設に入所したコリン・ファレル(C)AFLO
リハビリ施設に入所したコリン・ファレル(C)AFLO
 過去にドラッグとアルコール依存を克服した俳優コリン・ファレルが、再びリハビリ施設に入所したという。忙しさのあまり、プレッシャーからドラッグやアルコールに再び手を染めることを恐れての自発的な“予防措置”だそうだ。PeopleやUs Weeklyなどの海外メディアが報じた。 コリンは映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインや、俳優ケヴィン・スペイシーがセックススキャンダル浮上後に入所したと伝えられた、アリゾナ州の高級リハビリ施設「ザ・メドウズ」に自発的にチェックインしたという。

 「彼は立て続けに映画に出演したので、一息つく必要があっただけです」と情報筋。「12年間、断薬・断酒を守っており、今後もそうしたかったんですよ。自分だけの時間を過ごして調子を整え、休んでいます。すべて彼自身の考えでした」と語っている。

 インタビューなどで過去のドラッグ&アルコール問題を告白していたコリン。14歳頃から始まったという依存を克服するために、数回にわたりリハビリ施設に入ったことを明かしていた。前回は2005年、映画『マイアミ・バイス』を撮影直後に治療を受けている。疲労回復と、腰を痛めて処方してもらった薬への依存治療のためと、当時の代理人が説明していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >