2019/04/20 08:00

メーガン妃、アメリカ人のナニーを希望か

アメリカ人ナニーを探しているというヘンリー王子とメーガン妃(C)Zeta Image
アメリカ人ナニーを探しているというヘンリー王子とメーガン妃(C)Zeta Image
 今月、第1子が誕生予定の英ヘンリー王子とメーガン妃。出産場所や出産後のベイビーお披露目の写真撮影などに関して、英王室の伝統を打ち破る姿勢を示してきたが、現在、選定を急いでいるというナニーもこれまでの伝統を破り、アメリカ人を希望していると、英紙The Mirrorが報じた。 英王室では、ノーランドナニーを雇用するのが伝統になっているという。ノーランドナニーとは、英バースにあるナニー養成専門教育機関ノーランド・カレッジを卒業し、乳幼児の保育や教育の知識を身に付けたナニーたちのことを指す。英王室は昔からこの学校で教育を受けた卒業生をナニーにしてきたとのことだ。ノーランドナニーは通常、茶系の制服を着て、頭に「N」の文字があるフェルトの帽子をかぶっている。

 しかしアメリカ出身のメーガン妃は現在、リクルートメントエージェンシーに、向こう3ヵ月以内に有資格のアメリカ人ナニーを見つけるよう、依頼しているという。情報筋の話では、「メーガンとハリーは子育てに関して明白な考えがある。メーガンはリクルーターにはっきりと、イギリス人よりもアメリカ人がいいことを伝えている。ナニーには、制服を着た従業員ではなく、家族の一員と感じてほしいと思っている」とのことだ。

 男性のナニーも検討する可能性があるというヘンリー王子とメーガン妃。新しいナニーの給料はそれまでの実績や経験に基づいて決まるが、年間で最高7万ポンド(約780万円)まで支払う用意があるそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >