2017/10/10 17:09

ファンファーストの演歌歌手・竹島宏、「月枕」で紅白へ

演歌歌手の竹島宏(夕刊フジ)
演歌歌手の竹島宏(夕刊フジ)

 初登場1位というのが最近のヒットチャートの形だが、演歌のヒットは少し様相が違う。ロングヒット、長い時間をかけて熟成する曲がある。

 今年1月に発売された「月枕」はまさにそんな曲。歌い手はイケメン歌手として人気の竹島宏(39)だ。

 アイドル歌手では当たり前だが、CDは収録曲や特典などを変えて、A盤、B盤、C盤などと売り出すケースがある。竹島もリリース時、3パターンを発売した。だが二の矢、三の矢のあるところが演歌界だ。

 「7月にD盤を発売し、今月4日には“ありがとう盤”を出しました。これまでで8万5000枚。“ありがとう盤”で10万枚突破が見えてきました。今年の演歌では氷川きよし、山内惠介、水森かおりに次ぐ4番目のヒット。まだ上を狙えると思いますよ」と関係者の表情も緩む。

 演歌の基本と言われる地道なキャンペーン、いわゆる地上戦が数字に結びついている。これまでのキャンペーン数は120回、年末にかけてあと40回も予定されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >