2017/05/11 19:01

サッカーW杯アジア枠が大幅増でも今より楽しめなくなるって?

予選が緩くなる?(写真は2014年W杯ブラジル大会のアジア最終予選・日本×豪州戦)
予選が緩くなる?(写真は2014年W杯ブラジル大会のアジア最終予選・日本×豪州戦)

サッカーワールドカップ(W杯)へのアジアからの出場枠が現行の4.5から8に増えると国際サッカー連盟(FIFA)が決定した。

本大会出場へのハードルが大幅に下がることになり、インターネット上では「予選ゆる~くなるなおい」などといった声が多い。日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は「アジア予選の短縮化」も示唆している。

プレーオフ枠を除けば2倍増

FIFAはバーレーンのマナマで2017年5月9日(現地時間)に理事会を開いた。W杯2026年大会における全出場国数が現行の32から48に増えることはすでに決定しており、この日は大陸サッカー連盟ごとの出場枠を決定した。各大陸の出場枠は以下のとおり(カッコ内は現行の枠数)。

・アジア...8(4.5)
・アフリカ...9(5)
・北中米カリブ海...6(3.5)
・南米...6(4.5)
・オセアニア...1(0.5)
・欧州...16(13)

6大陸の予選で合計46枠が決まる。残り2枠は、欧州以外の5大陸から1か国ずつと、開催国が所属する大陸からもう1か国を加えた6か国によるプレーオフで決める。アジアの現行4.5枠のうち0.5枠は大陸間プレーオフで決まっていたので、アジア予選だけで決まる枠数で比較すると4から8へと倍増する。他の大陸と比較してもかなりの増枠と感じられる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >