2017/05/11 17:39

男性にもあった更年期障害に苦しむ600万人...男性ホルモン低下が原因

「連休明けなのに疲れが取れない。イライラする。中高年男性のみなさん、それ更年期障害のサインかもしれません」(武田真一キャスター)

更年期障害といえば、女性ホルモン低下に伴って女性に起こることはよく知られているが、男性でも更年期障害はあるそうだ。

「(男性の)一部の方がなるということや、これまでは年のせいだとされたり、あるいは自分でもなかなか症状が気付きにくい」(番組のスタジオゲストで男性医学の第一人者だという堀江重郎・順天堂大教授)ことで知られていないだけであり、じつは「男性の更年期障害も日本で600万人ぐらいいる」という。

主な症状は心身の疲労や不調、意欲低下、筋力の低下、不眠、発汗性機能の低下、体型のメタボ化などで、原因は男性ホルモンであるテストステロンが減少すること。中高年男性のテストステロンは、仕事のストレスや不規則な生活などの影響で減少することがあるという。

重大な病気にもつながる

さらに、テストステロンの減少は重大で深刻な病気につながりかねないそうだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >