2017/06/15 19:24

巨人のノーヒットノーランで「侍ジャパン」小久保裕紀が脚光浴びた理由

小久保裕紀に脚光(画像は野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイトから)
小久保裕紀に脚光(画像は野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイトから)

巨人がセ・リーグ史上初の継投によるノーヒットノーランを達成した。ところが、投手でも現役選手でもない春のWBCで「侍ジャパン」監督を務めた小久保裕紀氏がなぜかインターネット上で注目を浴びている。

この日、テレビの巨人戦中継で解説を務めた小久保氏は過去、ノーヒットノーランに彩られた「ノーノー男」だったのだ。

「小久保裕紀、ノーヒットノーランマン説」

巨人は2017年6月14日、東京ドームでソフトバンクと対戦。先発の山口俊投手は今季FAで加入するも故障で出遅れ、この日が今季初登板だった。けがの影響を感じさせない快投を見せ、6回102球8奪三振4与四死球で被安打ゼロ。7、8回を託されたマシソン投手と、クローザーのカミネロ投手も安打を許さず、巨人が3-0で勝利した。

継投でのノーヒットノーランは06年4月15日の日本ハム以来の出来事で、プロ野球のペナントレース史上4度目(日本シリーズでは07年の第5戦で中日が継投完全試合を達成)。セ・リーグでは史上初の快挙だった。けがで苦しい時期が続いていた山口は試合後のインタビューで感極まり、涙を流した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >