2017/06/24 12:00

北朝鮮暴走で大張り切り自民党防衛族!「敵基地先制攻撃」「防衛費GDP2%」提言

自民党の安全保障調査会は20日(2017年6月)、次期中期防衛力整備計画(2019年)への提言の中間報告をまとめた。北朝鮮、中国の動きを踏まえて、敵基地反撃能力、防衛費GDP2%など、専守防衛の枠を踏み越えかねない内容も含む。サイバー攻撃能力、早期警戒衛星、巡航ミサイル、エスコート妨害機などの整備・検討も求めている。

野党はもちろん、与党内からも反対・慎重論があるが、トップが安倍晋三首相だけに突っ走る恐れが強い。

議論の流れを決めたのは、3月の北朝鮮の弾道ミサイル4発同時発射だった。小野寺五典・元防衛相は「北朝鮮は在日米軍基地を攻撃する訓練だといい、日本への攻撃です。しかも、複数のミサイルを同時に着弾させる能力を誇示しました。日本は防衛できるかという危機感があります」と語る。

たしかに、現有の迎撃兵器は単発のミサイルには対応できても、複数同時には難しい。小野寺氏は「確実な方法は発射前のミサイル基地を叩くこと。これは先制攻撃ではなく、反撃。専守防衛の範囲内だ」と強硬だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >