2017/06/26 22:49

藤井四段29連勝で見せた増田四段への執念 10代棋士の「激闘の前史」

対局が行われた東京都渋谷区の将棋会館
対局が行われた東京都渋谷区の将棋会館

将棋の最年少プロ棋士、中学3年生の藤井聡太・四段(14)が歴代最多記録を更新する29連勝を達成した。

破竹の快進撃は同じ若手のホープ、19歳の増田康宏・四段でも止められなかった。増田四段は対局前から藤井四段への強烈な「ライバル心」を頻繁に口にしていた。

藤井「良くなったかは最後までわかりませんでした」

藤井四段と増田四段は2017年6月26日、東京の将棋会館で行われた第30期竜王戦1回戦で激突。朝10時に始まった対局が終わったのは21時を回っており、91手で藤井四段が勝利した。

藤井四段は14歳2か月でプロ入りして以来、初戦で加藤一二三・九段を破ったのを皮切りに公式戦で1度も負けることなく29連勝。神谷広志・八段(56)が五段だった1987年に樹立した28連勝を30年ぶりに塗り替える偉業を達成した。

対局直後、藤井四段は「途中苦しくなったので、最後はなんとか食いついてという感じでした。良くなったかどうかは最後の最後までわかりませんでした」と話している。29連勝は「自分でも信じられないというか、今日も含めて厳しい将棋が数多くあったので、非常に幸運でした」と、その様子はいつもと変わらぬ謙虚さを帯びていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >