2017/06/30 13:53

浦和サポ、鳥栖戦でスタッフに暴力 「勘違いサポーターが多すぎる」と批判の声

浦和‐鳥栖戦が行われたベストアメニティスタジアム(写真は試合当日のものではありません)
浦和‐鳥栖戦が行われたベストアメニティスタジアム(写真は試合当日のものではありません)

サッカー・J1の浦和レッズは2017年6月29日、25日のサガン鳥栖戦でボランティアの係員に暴力をふるったとして、1人のサポーターに今季全試合における入場禁止の処分を下したと発表した。

4月30日の大宮アルディージャ戦でも、浦和サポーター5人がスタジアムのフェンスを蹴るなどの違反行為を働いたとして処分されており、ツイッターやネット掲示板などでは、「浦和レッズこんなんばっかりやな」「何回お詫びしてるの?」との批判が巻き起こっている。

フェンスを蹴ったり、ピッチに旗を投げ込んだり...

クラブ公式サイトの発表によると、6月25日の第16節・サガン鳥栖戦(ベストアメニティスタジアム)で、アウェー観客席のサポーターが客席の入り口付近で「入場券の確認」を担当していたボランティアの係員に暴力行為を働いたという。

浦和は、これが試合運営を妨げる違反行為にあたるとし、

「試合運営を妨げる違反行為は、決して許されるものではありません。観戦ルールやマナーは、選手や観戦するみなさまの安全のために設けられております。ファン・サポーターのみなさまにおかれましては、遵守いただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします」

と説明。サポーターには、7月1日の第17節・サンフレッチェ広島戦(埼玉スタジアム)以降、出場する今季の全試合(計27試合、6月30日現在)で入場禁止とする処分を下した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >