2017/06/30 17:30

ロシア、サッカーでもドーピング疑惑 陸上はリオ五輪出場禁止だったが

ロシアW杯で使用予定のモスクワにあるルジニキ・スタジアム(Wikimedia Commonsより。作者:E. Roman)
ロシアW杯で使用予定のモスクワにあるルジニキ・スタジアム(Wikimedia Commonsより。作者:E. Roman)

陸上やテニスで禁止薬物の違反が相次いでいるロシアだが、今度はサッカー界にも疑惑が浮上した。その渦中には2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)に出場した代表選手が含まれており、国際サッカー連盟(FIFA)の調査を受けているという。

ロシアは次回2018年W杯の開催国だが、仮にクロ判定が出た場合は前代未聞の事態になりかねない。

ブラジルW杯出場の23人を含む34人

2017年6月24日付の英紙「デイリー・メール」によると、FIFAはブラジルW杯に出場した全23選手がロシアの国家的なドーピング隠蔽に関わっているかどうかを調査しており、他に11人のサッカー選手が同様の疑惑をもたれているという。この合計34人のうち5人は、現在開催されているFIFAコンフェデレーションズカップにも出場している。

また、34人の選手のうちの何人かは尿サンプルの結果に不自然な点があるとして世界アンチ・ドーピング機関(WADA)に懸念を持たれている。こうした状況を受けてWADAの前会長で国際オリンピック委員会(IOC)委員のリチャード・ディック・パウンド弁護士は「FIFAはロシアW杯開催前に分別ある結論を出す大きな義務がある」と主張している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >