2017/07/06 13:42

浦和大敗でサポーターがブーイング、ペトロヴィッチ監督「次から連勝しなければ辞める」!

浦和‐川崎戦の行われた等々力陸上競技場(写真は、試合当日のものではありません)
浦和‐川崎戦の行われた等々力陸上競技場(写真は、試合当日のものではありません)

サッカーJ1の浦和レッズは2017年7月5日(第13節、等々力陸上競技場)、川崎フロンターレに1‐4で大敗した。試合後、約500人のサポーターが競技場のバス出入り口を封鎖。バスを降りたミハイロ・ペトロヴィッチ監督(59)が、サポーターと話し合いの場をもち、次戦からの連勝を約束した。

クラブも6日朝、公式サイトで謝罪の声明を発表するなど、不満を募らせるサポーターへの説明に追われている。

「この結果だとブーイングもしょうがないのかな」

浦和はこの日、通常の3バックから4バックに切り替えて挑んだ。だが、DF槙野、遠藤の両センターバックの間を突かれ、前半で2失点。後半37分には遠藤のファウルによるPKで1点を献上した。昨季リーグ最少失点だった守備陣はこれで、昨季の失点数を既に上回った。

今季は8勝2分7敗で8位。昨年は年間で準優勝だった強豪が、特にここ8戦の成績がひどく2勝6敗と低迷。サポーターの不満が募っていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >