2017/07/08 11:00

真木よう子「ワロス」とネット死語 ファン「大目に見てあげて」

「ワロス」は過去のネットスラング(写真は真木さんのツイッターから)
「ワロス」は過去のネットスラング(写真は真木さんのツイッターから)

女優の真木よう子さん(34)がツイッターを開設したところ、「ワロス」など、今では使われなくなったネットスラングを使ったため、困惑するファンが続出している。

「ワロス」という言葉を生んだ「2ちゃんねる」でも真木さんのツイートが話題になっていて、ネットに慣れていないようで「恥ずかしい」などといった意見が出ているほか、過去に使われたネットスラング「漏れ」「キボンヌ」「逝ってよし」などを思い出す人もいる。

「Twitterとやら、始めました」

真木さんは2017年6月28日、

「Twitterとやら、始めました。初めまして。ワタクシ通り名真木よう子」

とツイッターを開設した。ネット上ではまず、この「通り名」というのはどんな意味なのか話題になったが、続いて何をつぶやけばいいか分からないとし、真木さん主演のフジテレビ系ドラマ「セシルのもくろみ」の撮影を話題にし、

「私扮する宮地奈央の私服は極めてダサい、一周回ってもやっぱりダサい。出オチ感半端ねぇyo、そこのみでいいから観てくれyo」

そして、

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >