2017/07/09 12:50

日ハム・栗山監督、突然の「1番・中田」起用も3三振 中畑清「コミュニケーションあったの?」

日本ハムの栗山英樹監督(写真は、2017年1月撮影)
日本ハムの栗山英樹監督(写真は、2017年1月撮影)

プロ野球・日本ハムの栗山英樹監督が2017年7月8日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で、中田翔(28)を1番で先発出場させる「奇策」に打って出た。

中田が1番に起用されたのは、プロ10年目で初めて。監督の狙いは、何だったのか。ツイッターなどネット上では、驚きの声が上がっている。

バットから快音は聞かれず

試合前、球場内がどよめきに包まれた。「1番ファースト・中田翔」。ツイッターやネット掲示板でも、

「1番中田とか栗山さんどーした?w」
「まってほんまびっくりした 1番中田翔」
「さすがにこれは狙いがわからない」

と驚きの声が上がった。

中田は相手の先発・千賀に苦しめられた。第1打席は、2球フルスイングした後、2-2からの直球に空振り三振。第2打席では2-2から高めのボール球を強引に振るも当てられない。4打数無安打3三振で、そのバットから快音は聞かれず。3日の西武戦からの連続無安打を21打席に更新し、チームも2-5で敗れて5連敗を喫した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >