2017/07/13 19:11

「映像が動かない」異色アニメに賛否 視聴者困惑「なんだこれ」「紙芝居?」

ラファンドール国物語は「サウンドノベル」のような形式でストーリーが進行。テレビ放送も、これとほぼ同じ形式で放送された(画像は同作の公式YouTubeチャンネルの動画より)
ラファンドール国物語は「サウンドノベル」のような形式でストーリーが進行。テレビ放送も、これとほぼ同じ形式で放送された(画像は同作の公式YouTubeチャンネルの動画より)

「意味がわからない」「謎の紙芝居始まった」――。2017年7月12日深夜に第一話が放送されたテレビアニメ『SHADOW OF LAFFANDOR ラファンドール国物語』の視聴者から、こんな戸惑いの声が相次いでネット上に出ている。

この作品では、キャラクターのイラストとセリフの字幕だけが延々と流れ、一般的なアニメのような「動き」が一切ない独特の演出をあえて採用している。これに、通常のアニメ作品を期待していた視聴者が大いに「困惑」したのだ。

「映像化の意味がわからない」

『ラファンドール国物語』は、ワーナーミュージック・ジャパンが16年9月から展開するファンタジー作品。公式ウェブサイト上でコンテンツを公開しており、毎週金曜日に1話ずつ物語を更新している。

物語はイラストと字幕、声優のセリフとBGMだけで進行。いわゆるサウンドノベルゲームのような形式で、まるで音声付きの紙芝居のような表現方法が特徴だ。作品のシナリオを手掛けるのは、「ファイナルファンタジー」シリーズなどで知られるシナリオライターの野島一成氏だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >