2017/07/21 11:37

「住民力」で要介護を減らせ!ご近所が有償で生活サポートや体調管理

「住民力」を生かす介護保険制度の改革が始まっている。対象は利用者の約3割を占める「要介護1~2」の人たちで、これまで介護士やヘルパーなど専門職が行ってきた介護予防や生活支援に、資格を持たない住民たちが積極的に関わることが大きな柱だ。狙いは、自立した生活を促し、社会全体の負担を軽減していくことにある。

大阪・大東市「元気でまっせ体操」

大阪・大東市はオリジナル体操「元気でまっせ体操」を広めようとしている。「高齢介護室」の逢坂伸子さんが考案したもので、躓いて骨折するなど高齢者の日常生活に潜むリスクを避けられるよう考えられている。市内に100以上の体操グループがあり、運営はすべて住民が行い、現在1900人ほどが参加している。

効果てきめん。要支援1~2だった高齢者135人が体調が改善し、認定から外れた。この結果、要支援向けサービスの費用は2016年度に1億2468万円削減、今年度は2倍の2億4519万円の削減を見込んでいる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >