2017/07/23 17:36

「なんでもない日だからこそ、愛してると伝えたい」 海老蔵&麻耶、麻央さん命日に抱いた想い

市川海老蔵さん(写真は、2017年6月撮影)
市川海老蔵さん(写真は、2017年6月撮影)

歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)とフリーアナウンサーの小林麻耶さん(38)が2017年7月22日、小林麻央さん(享年34)の死去から1か月を迎えて、ブログで麻央さんとの思い出に浸った。

麻央さんは存命であれば、21日で35歳となるはずだった。海老蔵さんはそんな特別な2日間を終えてもなお、23日のブログで「誕生日でも命日でもなんでもない日だからこそ、愛してると伝えたい」と天国の麻央さんに語りかけている。

チョウを見て、「会いにきてくれたのかな?」

海老蔵さんは麻央さんの月命日の7月22日朝、「あれから1ヶ月、こんなに忙しい日々ですが 1ヶ月間、なんか空洞の中を歩いているようです」とブログに投稿した。歌舞伎座(東京都中央区)で27日まで「七月大歌舞伎」に出演しており、

「哀しさと反比例する仕事との時間は 今の私のある意味支えなのかもしれないが、休みになった時に果たして私は正常でいられるのか?疑問ですが、なんとか全てを受け入れ全てを愛せる者に私はなりたい」

と、心境を打ち明けた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >