2017/07/29 12:00

電通「ブラック体質」変わるか?お題目で終わりそうな改革案

電通の新入社員だった高橋まつりさんが自殺したのは、おととし暮れ(2015年)だった。月平均の残業は最大で100時間を超え、ストレスからうつ病を発症していた。厚生労働省は違法残業事案として強制捜査を行い、検察庁は電通を略式起訴して罰金刑を求めた。しかし、裁判所は今月12日(2017年10月)、法廷で公開審理をすると異例の決定をした。これは何を意味するのか。

山本敏博社長はNこう話す。「人の時間は有限で希少なものだという認識が非常に希薄でした。責任の重さを痛感しています。社員の健康を守り、法令を守ることに、一刻の猶予も許されないと考えています」

月40時間以上の残業はレッドカード

働き方の見直しのモデルとなった営業局は、もともと労働時間に対する意識が低かった。入社15年目の渡邊雄平さん(36)は大口の顧客を複数抱え、忙しくなると会社の机の上で寝るのが普通だった。法律の基準を超える残業が1か月平均で1500件という職場だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >