2017/08/22 13:46

「こち亀と同じで終わると寂しいね」 44年続いた「浮浪雲」が9月に終了

「浮浪雲」の最新刊
「浮浪雲」の最新刊

ジョージ秋山さん(74)の時代劇漫画「浮浪(はぐれ)雲」が連載終了することが分かり、ネット上で漫画への思いなどが次々に書き込まれている。

「ででんでんでん」。幕末の東海道・品川宿で問屋を営む主人公の雲が、こうつぶやき人生訓を語りながら、自由気ままに女性を口説いたりもする。

ジョージ秋山さん「そろそろかな」

「浮浪雲」は、小学館の漫画誌「ビッグコミックオリジナル」で1973年から連載が始まり、そんな世界でストーリーを紡いできた。小学館の広報室は2017年8月22日、J-CASTニュースの取材に対し、9月20日発売号の1039話で、44年間にわたった連載にピリオドを打つことを明らかにした。

すでに、8月19日発売号で、登場人物が「終わんないといけないんでしょうねえ」などと漏らし、最終ページで「あと2話」と告知していた。一部でそのことが報じられていたが、現実となるようなのだ。スポーツ紙報道などによると、ジョージ秋山さんは、漫画について数年前から「そろそろかな」と言い出し、編集部でも、このタイミングで描き切ったと判断したという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >