2017/08/23 19:18

40周年展「ガラスの仮面」最終回の行方は? ファン「読めずに逝った友人が...」

最終回の行方はどうなるのか(画像は「ガラスの仮面展」の公式ホームページより)
最終回の行方はどうなるのか(画像は「ガラスの仮面展」の公式ホームページより)

人気漫画『ガラスの仮面』の連載40周年を記念した「ガラスの仮面展」が、東京都内で始まった。作者の美内すずえさん(66)もオープニング行事に参加し、作品への思いを語った。

休載も多く、話の進展が遅いことでも有名なこの作品。美内さんがこの日、ラストは頭の中では20年前に完成している、と話したことが報じられると、ツイッター上ではファンらから、「(それなら)早く最終回を描いてほしい」「ラストを読めずに逝った友人が憐れだ」といった反応が相次いだ。

累計発行部数は5000万部を超す

「ガラスの仮面展」は、2016年に連載40周年を迎えたことを祝い、17年8月23日から東京・銀座の松屋銀座で始まった。初日のイベントには美内さんも出席。ラストの場面に関する先の発言も出て、デイリースポーツ(電子版)が「『ガラスの仮面』ラストは20年前に頭の中で完成 美内すずえ氏明かす」と報じるなどした。

作品は、演劇界の幻の名作「紅天女」の主役の座をめぐり、主人公の北島マヤが宿命のライバルと壮絶な競争を繰り広げる様子や、マヤを陰ながら支える「紫のバラのひと」との恋模様を軸に展開する。2012年に49巻が出たが、50巻は17年8月23日現在、出版されておらず、ファンをやきもきさせている。単行本の累計発行部数は5000万部を超えており、ロングランのベストセラーとして知られる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >