2017/08/23 12:00

武井咲の悪女っぷりもなかなか 現代に蘇る松本清張の世界〈木曜ドラマ「黒革の手帖」〉(テレビ朝日系)

地味な女子銀行員がその立場を利用して大金を横領、それを元手に銀座のクラブのママとなり、夜の世界でのし上がっていく、松本清張原作の「黒革の手帖」。これまでにも何度か映像化され、山本陽子、大谷直子、浅野ゆう子、米倉涼子といった人気女優がヒロイン・原口元子を演じてきた。今回、その名作に23歳の武井咲が挑むということで、若すぎるのでは、と不安要素のほうが多く、あまり期待せずに見たのだが......。

第1話を見て、これは面白い、とすっかりハマってしまった。もともと清張の原作なのでストーリーはお墨付き。とはいえ原作が発表されたのは1980年と今から40年近く前のこと。その作品をNHK朝ドラ「マッサン」の脚本家・羽原大介が現代に蘇らせ、まったく違和感のない世界を創り上げた。武井の悪女っぷりもなかなかなもので、意外にも和服が似合うのと、貫禄も感じられた。いつもは苦手だった武井の声も、この役には合っているのか、さほど気にならなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >