2017/09/01 18:59

豪快ミドル弾でW杯決めた井手口陽介とは 「考える前に動く」「中田英寿のよう」

井手口陽介(日本サッカー協会(JFA)公式サイトから)
井手口陽介(日本サッカー協会(JFA)公式サイトから)

ロシアワールドカップ(W杯)出場をつかんだ2017年8月31日のアジア最終予選・オーストラリア戦で、値千金のミドルシュートを決めた21歳の井手口陽介。

突如現れた新星に「井手口って何者?」との声も出ているが、所属のガンバ大阪ではボランチの若き中心選手として活躍。その風貌も中田英寿に似ているとして、脚光を浴びている。

高校生でガンバのトップチームに昇格

ガンバ大阪では今季24節終了時点で20試合(先発19試合)に出場、3ゴール、7アシストの数字を記録している。特筆すべきはボール奪取能力をはじめとした守備力。豊富な運動量で広範囲をカバーし、171センチと比較的小柄ながら、強靭な体で1対1の球際の強さもある。自陣ゴール前では体を投げ出して相手のシュートを食い止めるシーンも何度も見られる。

アシスト数の多さが物語るように前線への縦パス供給能力も高い。ミドルシュートでの得点も複数決めている。オーストラリア戦ではこうした持ち味を見事に発揮し攻守にわたって獅子奮迅の活躍を見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >