2017/09/01 11:55

ペット猫に「マダニSFTS」感染拡大!女性うつされ死亡・・・高熱・出血で致死率20%

西日本に住む50代の女性が昨年(2016年)、野良猫に手を噛まれたのがもとで死亡した。猫はマダニが媒介する重症性血小板減少症候群(SFTS)に感染していて、女性にうつったとみられる。市街地の猫から人に感染した初のケースだ。SFTSに罹ると、高熱や下痢、嘔吐、出血で死に至ることがある。有効な治療法はなく致死率は20%。ここ5年で58人の死亡者が確認された。

鳥取県の動物病院獣医の小西みさほさんは「ペットの猫にマダニが付くことはなかったのですが、ここ数年、猫にもマダニがいると言われはじめ、注意していたところ、その実感がありました」と話す。マダニは山奥でイノシシやシカなどの野生動物の血を吸って棲息し、市街地で頻繁に見つかることはなかった。それがなぜ都会にいるのか。

住宅地出没のイノシシ・アライグマ・ハクビシンが拡散

危険生物のスペシャリスト、国立環境研究所の五箇公一・生物生態系環境研究センター室長はこんな指摘をする。「地方の市街地ではイノシシが生ゴミをあさったり、都心でも渋谷や秋葉原でアライグマやハクビシンが捕獲されています。そうした野生動物がマダニを運んでくるんでしょう。ペットの猫についているのは、相当身近なところまでマダニが入り込んでいるという警告です」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン