2017/09/09 10:00

日常の中にある小さな奇跡 心地よい美しい映像 <パターソン>

Photo by MARY CYBULSKI ?2016 Inkjet Inc.All Rights Reserved.
Photo by MARY CYBULSKI ?2016 Inkjet Inc.All Rights Reserved.

ニュージャージー州パターソンの街に住むパターソン(アダム・ドライバー)はバスの運転手だ。毎朝6時過ぎに目覚め、隣に眠る妻・ローラ(ゴルシフテ・ファラハニ)にキスをして一日が始まる。いつものように徒歩で仕事に向かい、乗務をこなし、休憩時間には心に浮かんだ詩を秘密のノートに書きとめるのが日課だ。帰宅後、妻と夕食を取ったあとは、愛犬・マーヴィンと夜の散歩。散歩途中で決まったバーに立ち寄り、1杯だけビールを飲む。帰宅後は、ローラの隣で眠りにつく。そんな一見かわり映えしない毎日を送る青年の7日間を描いた物語だ。

主人公のパターソンは30代前半くらい。パターソンの街は、ニューヨーク(ニューヨーク州)にほど近い、ちょっとさびれた雰囲気の地方都市だ。日本でいうなら東京隣県の中規模都市を想像するとよいかもしれない。日常を淡々と静かに描いた作品だが、時に絶妙なユーモアも織り交ぜながら、大量生産されたどこにでもあるマッチ箱、古びたバスの窓に差し込む光、子どもたちのありふれた会話など、日常にあるなにげないものすべてが美しく切り取られ、観ていて心地よい。本作について、監督のジム・ジャームッシュは「ダークでやたらとドラマチックな映画、あるいはアクション志向の作品に対する一種の解毒剤となることを意図している」とコメントしているが、その目的は見事に達成されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >