2017/09/11 15:50

9秒98桐生祥秀、足首の「硬さ」が大記録達成の武器になった

桐生祥秀(東洋大学ウェブサイトから)
桐生祥秀(東洋大学ウェブサイトから)

「10秒の壁」を日本選手として初めて突破した陸上男子100メートルの桐生祥秀(21)=東洋大学4年=は、足首が硬く、それがスピードアップに関係していた。

一般的にスポーツ選手にとって肉体は柔軟性が求められる場合が多い。しかし、スプリンターの場合、足首の固さが「床反力」の大きさにつながるとの専門家の指摘がある。

「筋力と床反力の両方でスピードアップができる」

桐生は2017年9月9日の全日本インカレ100メートル決勝(福井県営陸上競技場)で、追い風1.8メートルの中9秒98をマークし優勝。19年ぶりの日本記録更新と同時に、史上初の9秒台を記録した日本選手となった。

身長は176センチと決して恵体ではない桐生だが、「足首が硬い」という「才能」がある。11日放送「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)によると、桐生は「足首の固さを強靭なバネのように使う」走法を東洋大の土江寛裕コーチ(43)とともに構築してきた。ピッチ(1秒あたりの歩数)が5.0歩と、世界歴代2位(9秒69)の記録をもつ米国のタイソン・ゲイと同じ数字を誇るが、そのピッチの速さを生かすことにもつながるという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >