2017/09/12 14:50

体幹トレーニングが桐生を変えた!10秒の壁を破った秘訣とは

陸上競技100メートルで桐生祥秀選手が日本人初の9秒台を達成した。9秒98。「やっと世界のスタートラインに立った」という桐生のこれまでを検証すると、体幹トレーニングの強化が効いていた。フィジカルが弱いと言われてきた日本人のスポーツ像が変わるかもしれない。

桐生は滋賀県彦根市の小学生時代、サッカーのゴールキーパーをやっていた。コーチだった峯浩太郎さんは「出足が速く、守備範囲の広さが際立っていた」と振り返る。NHKでは触れなかったが、民放の番組では「足が速すぎて危ないのでゴールキーパーをさせた」という話もあるほどだ。

中学からは陸上部。学校近くの坂で上り下りの走りを繰り返した。そこは今「桐生坂」とよばれるそうだ。「まじめにコツコツやっていました」と、顧問だった億田明彦さんは言う。高校3年で100メートル10秒01を出して、一躍全国に名前を知られる。9秒台が夢でなく、現実味を帯びた。桐生自身が「目標として考えたい」と話した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >