2017/09/15 12:10

命にかかわる「ニセ薬」横行!医師処方・調剤薬局の正規購入でも危ない

医師の処方で調剤薬局から受け取った薬をニセ薬と疑う人はいないだろう。ところが、正規の薬局で購入した1本150万円もするC型肝炎治療薬が、ビタミン剤だったということが現実に起こった。正規の流通ルートにニセ薬が紛れ込んでいたのだが、国際的な犯罪組織が偽造薬の取り締まりがゆるい日本をターゲットにしているという。

奈良の70代女性はC型肝炎治療薬「ハーボニー」を飲もうとして、錠剤の色や形がいつもと違うのに気づいた。薬局に問い合わせたところ、ただのビタミン剤とわかった。薬局がさらに調べると、ほかにもニセ薬が5本も発見された。いずれもボトルがむき出しのままだった。

製薬会社によると、ハーボニーは説明書とともに箱に入れられて販売され、ボトルがむき出しのままというのはあり得ない。容器はすべて正規の製造番号が入った本物だった。犯人は使用済みの容器を何らかの方法で入手し、ニセ薬を入れて封をしたとみられている。

中身はビタミン剤だった1本150万円のC型肝炎治療薬

通報で東京都が流通ルートを調べたところ、東京都内の薬の現金問屋5社が関わっていたことが判明した。「個人から購入していた」と話している。ニセのハーボニーが入ったボトルが、さらに10本が見つかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >