2017/10/03 13:58

棄権の内村航平に起きていたコト 現地入り後の練習で目撃された場面

内村航平が跳馬で負傷し棄権した(写真は2015年6月撮影)
内村航平が跳馬で負傷し棄権した(写真は2015年6月撮影)

体操の世界選手権・個人総合で、6連覇中の内村航平選手(28)=リンガーハット=が負傷し、棄権した。原因は跳馬の着地で痛めた左足だった。

徴候は出ていたかもしれない。現地入り後の練習を見た記者から「跳馬の着地で大きく乱れてました」との指摘があがっていた。

本会場練習で「内村は跳馬や鉄棒でミスが出た」報道

絶対王者が無念の決断をした。カナダ・モントリオールで2017年10月3日(日本時間。以下同)に行われた男子個人総合。内村選手は第2種目の跳馬で大技「リ・シャオペン」を跳ぶと、着地で左足を痛めた。苦悶の表情を浮かべ、左足首を手で押さえながら、引きずるようにして下がっていった。第3種目の平行棒は続けたが、第4種目の鉄棒を前に棄権した。

内村選手は個人総合で世界選手権6連覇中、国内外の全大会を含めると40連勝中だった。8年間続いた連勝街道が途切れ、衝撃を与えた。

今大会直前の9月30日、現地で取材している朝日新聞スポーツ担当の潮智史記者が、本会場練習を見て「内村航平選手は跳馬の着地で大きく乱れてました」とツイッターに投稿していた。内村自身は「立ちたかったけど、どうしたら立てるかが見えてきた」と述べていたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >