2017/10/11 13:04

綾瀬はるかがハードにアクション ありえない破天荒な流れに唖然 〈奥様は、取り扱い注意〉(日本テレビ系)

綾瀬はるか主演ドラマ。水曜10時のこの枠は、前回の高畑充希主演「過保護のカホコ」を始め、吉高由里子主演「東京タラレバ娘」、石原さとみ主演「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」と、仕事に恋に人生に悩み多きお年頃の女性を主役したライトでコメディタッチ、だけどちゃんと芯が通っていた共感できるところがちゃんとあるドラマが好評で、そういう作品のファンも多い。

なので、今回もそんな感じなのかなあと思って、初回を見たら、なかなかハードな内容で、正直、これじゃない感がある。綾瀬は「精霊の守り人」(NHK総合)でも激しいアクションシーンをこなし、凛々しいお姿を見せているので、今回のドラマでは、バラエティなどで見せる天然キャラの部分を前面に押し出した、ポワンとした癒し系キャラを期待したのに......。ちょうど、映画「ホタルノヒカリ」を放送していたので鑑賞。やっぱり綾瀬は「干物女」がよく似合う。

今回のドラマの綾瀬が演じる伊佐山菜美は、一見、平凡な専業主婦、がその実態は元特殊工作員という設定。初回では、料理教室で知り合った知花(倉科カナ)が夫からDVを受けているのを知り、「私がなんとかしてあげる!」と知花に近づき、最後には夫を懲らしめて、一件落着となるのだが、その流れがあまりにも破天荒過ぎて、「ありえない!」を連発しながら見ていた。というのも、DV夫と直接対決した際、それを助けようとするものだが、夫に直接抗議をしに行ったものの、夫に否定され、そのまま妻をそこに置いてけぼりなどとありえない。そんなことをしたら、さらにDVがひどくなるに決まっているではないか。1カ月後、彼女が夫に包丁でお腹を刺され、包丁が刺さったまま救急車に運ばれるのも「ありえない!」。しかも、「包丁を持って転んだことにした」など、そんないいわけで警察の目を誤魔化せるとは思えない。知花は全身青あざだらけなのだから、医者が一目見ればDVだってわかるだろうに。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >