2017/10/17 17:35

漫画家の高畠エナガさん死去 「29歳」脳梗塞、死の2週前に人間ドックで「問題なし」報告

高畠さんの作品である『GODSPEED』(集英社、画像はAmazonより)
高畠さんの作品である『GODSPEED』(集英社、画像はAmazonより)

漫画家の高畠エナガさんが、脳梗塞のため亡くなっていたことが分かった。日本漫画家協会(東京・新宿区)が発表した。家族からの知らせを受け、約2か月経った後の発表となっており、「(2017年)8月21日に脳梗塞のため29歳で逝去された」としている。

一方、過去の高畠さんへのインタビューなどからは、満年齢では28歳である可能性がある。発表から数日が経ったが、高畠さんが亡くなる約2週間前に人間ドックへ行って「大体問題なし」だったとツイッターで報告していたこともあり、ファン以外からの注目も集め、早すぎる死に驚く声や悼むコメントがネット上で相次いで寄せられている。

大学在学中に受賞歴

高畠さんは、『GODSPEED』や短編集『Latin』(いずれも集英社)などの作品で知られる。高畠さんが卒業した成安造形大学(滋賀県大津市)のサイトなどによると、高畠さんは在学中に「デジタル・コミック大賞2008」(宝島ワンダーネット)の準大賞を受賞(当時のペンネームは、会長エナガ)。11年に卒業し、同年、「ジャンプSQ.(スクエア)」の別冊付録漫画で漫画家デビューした(作品名は『Reversi』)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >