2017/10/20 07:38

ネット監視で言論統制すすめる習近平政権

中国の習近平政権が二期目を迎えた。

もともと地方で政治経験を積み、中央の人脈に乏しかったという習近平氏。中国共産党のトップになった際には、「最弱のリーダー」との呼び声もあったそうだが、汚職などの腐敗摘発や貧しい地域への巨額投資などを行って格差是正につとめるなどし、国民から高い支持を得ている。

その一方では、この5年間、自分1人に「異例なほど権力を集中させてきた」(鎌倉千秋キャスター)という。

「強力な指導者への道を歩む習近平氏。その過程で推し進めてきたのが、かつてないほど厳しい言論統制です」(鎌倉)

「習近平の中国 苛烈なネット監視の実態」(番組キャプション)

今年(2017年)6月、中国は人民の利益を守るためとしてインターネット安全法を施行。反体制的な活動の拡散をとめるためだ。

外国とのインターネットに巨大な壁

また、地方政府の広報を担う宣伝部にはネットの管理部署があり、スタッフが24時間態勢でネットを監視。政府に不都合な情報を見つけると通報し、さらに政府を称賛、擁護する書き込みも行っているという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン