2017/10/27 18:33

オードリー春日、台湾で「トゥース!」 渾身ギャグが全く受けなかった理由

春日さんのギャグ「トゥース!」には思わぬ意味があった(2016年3月24日撮影)
春日さんのギャグ「トゥース!」には思わぬ意味があった(2016年3月24日撮影)

お笑いコンビ、オードリーの春日俊彰さんが、台湾ロケの際に自身の代表的ギャグである「トゥース!」を使わないよう、関係者から注意された過去を語った。

「トゥース」は元々、同級生コンビであるオードリーの2人が高校時代に所属したアメリカンフットボール部での掛け声だった。これを春日さんが人差し指を立てるアクションを見せながら言うギャグに仕立て、「春日といえば『トゥース!』」と連想されるまでに浸透した。ところが、台湾の人には、不快で過激な表現に聞こえるそうなのだ。

台湾の現地コーディネーターに理由を聞くと...

春日さんと相方の若林正恭さんは2017年10月27日、情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)にVTR出演。春日さんらの説明によると、台湾ロケに行った際、日本の番組を見ていて春日さんの事が分かる人たちが集まってきたので、春日さんが「トゥース!」のギャグを見せたが、全く受けなかった。しかも、現地のコーディネーターから

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >