2017/10/30 15:43

テレビ解説は3人中2人「アウト」 今宮「神の手」7分リプレー検証で一転セーフが大議論

クロスプレーの瞬間の写真を掲載した10月30日の日刊スポーツ、サンケイスポーツ、夕刊フジ
クロスプレーの瞬間の写真を掲載した10月30日の日刊スポーツ、サンケイスポーツ、夕刊フジ

慎重を期すためのビデオ判定が、思わぬ波紋を広げている。

プロ野球日本シリーズ第2戦、ソフトバンクの攻撃で起きた本塁クロスプレーは、当初アウトの判定がリプレー検証の結果、セーフに覆った。これで入った1点が決勝点となり、横浜DeNAは2連敗を喫した。

「タイミング的にはアウトなんですよね、たぶん」

「今宮神の手」(日刊スポーツ)
「今宮『神の手』決めた」(デイリースポーツ)
「神タッチ」(サンケイスポーツ)

2017年10月30日付のスポーツ紙一面には「神」が、溢れた。ヤフオクドームで29日に行われたソフトバンク対DeNAの日本シリーズ第2戦は、ソフトバンク1点ビハインドの2対3で迎えた7回ウラの攻撃で、この試合の分水嶺を迎えた。

2死満塁で打席に立った5番・中村晃外野手が右前適時打で3塁走者が生還、さらに2塁走者の今宮健太内野手がヘッドスライディングで飛び込み、本塁に左手を伸ばした。その瞬間に、バックホームを捕球したDeNA・戸柱恭孝捕手がミットを目一杯伸ばしてタッチした。球審はこのクロスプレーにアウトの判定をくだした。だが、ソフトバンク・工藤公康監督がすかさず抗議。長いリプレー検証が始まった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >