2017/11/14 11:27

吉本新喜劇座長・酒井藍サンタが彼氏を熱望「恋愛しなさ過ぎて足の毛が…

よしもと西梅田劇場前で、クリスマスツリー点灯式に出席した吉本新喜劇座長・酒井藍
よしもと西梅田劇場前で、クリスマスツリー点灯式に出席した吉本新喜劇座長・酒井藍

 JR大阪駅前にある、吉本興業の仮設劇場「よしもと西梅田劇場」のクリスマスキャンペーンが14日にスタート。吉本新喜劇座長の酒井藍(31)がサンタ姿でクリスマスツリーの点灯式に出席し、クリスマスの夜をともに過ごす彼氏を切望した。

 7月末に女性初の座長に就任してから3か月半たち「気がつけばクリスマス。早かったですね」。新喜劇の顔として多忙を極めており、今年は12月24日のイブも25日も仕事で「ホッとしています」と話したが、内心は出会いが欲しくて仕方がない様子。

 昨年は両日とも休日で、クリスマスは家族で伊勢神宮に旅行へ。その当日朝、「尊敬する先輩」という山田花子(42)に「今年も彼氏は無理そうです」と報告すると「クリスマスは何時までや? 外を出歩いて、出会いを見つけなさい」とハッパをかけられたという。

 「恋愛しなさすぎて女性ホルモンがおかしくなってるのか、右足のひざ周辺から大量の毛が…」と悩みはつきないが、クリスマス当日の京都・よしもと祇園花月公演の際には「周辺を歩き回りたい。写真誌に狙われたら笑けるけど、スターの仲間入りをするみたいで、うれしい。女の子が背伸びをする路チューに憧れます」と激写を歓迎していた。

 酒井座長の出演は20日まで。同劇場のキャンペーンは12月20日まであり、赤色の衣服を身に着けた来場者に酒井座長のオリジナル千社札シールがプレゼントされる。また、平日限定で、新喜劇若手メンバーによる「ホンワカパッパー隊」がサンタバージョンによる生演奏を行う。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >