2017/11/23 16:30

白鵬「軍配に不満」で抗議の立ち尽くし 「大横綱の振る舞いか」角界からも批判

横綱は力士の手本となることが求められるが
横綱は力士の手本となることが求められるが

横綱・日馬富士による暴行問題で揺れる角界だが、今度は大相撲の土俵上で波紋が広がった。しかも当事者は、今場所「ひとり横綱」となった白鵬だ。

九州場所11日目(2017年11月22日)、関脇・嘉風との対戦で、「待った」が認められず土俵の外に押し出された。白鵬は片手をあげて自ら「物言い」。その後も土俵上になかなか戻らない。ようやく土俵に上がり嘉風が勝ち名乗りを受けた後、今度はその場に立ち尽くした。現役力士の頂点に立つ横綱の態度に、批判が高まった。

NHKアナが「こんなことは、あってはならない」

問題の取組を振り返ってみよう。立ち合い、白鵬は左から「張り差し」に行くが、嘉風は少し遅れてふわっと立ったように見える。すると組み合った瞬間、白鵬は力を抜いて棒立ちになった。ところが行司は「待った」を告げない。嘉風は一気に白鵬を土俵際まで持っていき、寄り切った。

土俵下であっけにとられたような表情の白鵬は、右手を挙げた。「物言い」をつけたようだが、5人の審判は誰も動かない。勝負はついたが、白鵬は抗議のためか、土俵に戻らずアピールを続けた。審判に促されてようやく戻っても、納得のいかない表情。勝ち名乗り後そのまま土俵に立ったまま、弓取り式が始まる直前まで居座った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

周囲のノリから浮いてしまいそう。きつい一言でムードをこわさ...もっと見る >