2017/11/24 13:18

「ケネディ暗殺」CIA謀略かソ連の指令か?捜査文書公開で新たな謎

アメリカのケネディ大統領が暗殺されたのは54年前の11月22日。先月(2017年10月)、その捜査文書ケネディファイル」が公開された。4万点あるとされているが、公開されたのは3万点で、残る1万点は「安全保障上の問題」から非公開とされた。アメリカ最大のミステリーはいまだ闇の中だ。

ケネディの後を引く継いだジョンソン大統領は調査委員会を設置し、そのウォーレン報告書は「元海兵隊員のジョリー・ハーベイ・オズワルドによる単独犯行で陰謀はなかった」とした。しかし、さまざまな陰謀説が広がった。

「フルシチョフが命じた」CIA元長官の新証言にも疑問

いまも事件の真相を追い続けているジャーナリストがいる。ワシントン・ポスト紙のジュファーソン・モーリー記者で、「オズワルドはCIA工作員だったのではないか。ケネディ暗殺はCIAが関与していたのではないか」という見方を深めている。今回公開された文書の中に、当時のヘルムズCIA副長官への尋問調書があった。「CIAが大統領の暗殺に陰謀を持ってかかわっていたのではないかという疑問について尋ねます」「オズワルドはCIAの工作員だったという情報があったのではないですか?」と聞かれていて、モーリー氏は「捜査にあたった政府関係者ですら、CIAの関与を疑っていたのです」と話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >