2017/11/29 12:41

乃木坂46・齋藤飛鳥、嵐デビュー曲ソロ部分を歌詞ミス 嵐オタ激怒「デカイ声で間違えやがった」

齋藤飛鳥さん(写真は、2017年6月撮影)
齋藤飛鳥さん(写真は、2017年6月撮影)

アイドルグループ「乃木坂46」の中心メンバーの齋藤飛鳥さん(19)が、「嵐」のファン(嵐オタ)から大バッシングを浴び、SNSで謝罪した。

両グループは2017年11月28日、音楽特別番組「ベストアーティスト2017」(日本テレビ系)で嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」のコラボを披露。齋藤さんはその中でソロ部分の歌詞を間違えてしまう。これに一部の嵐オタが、「許さん」とネット上で怒りをあらわにしたのだ。

「今日もどこかで言っちゃってる」

同番組では、嵐と乃木坂の「A・RA・SHI」や、「修二と彰」と「Hey! Say! JUMP」の「青春アミーゴ」など、特別企画「みんな踊れる!振り付けソング50年メドレー」と題してアーティスト同士のコラボレーションを放送した。

「A・RA・SHI」ではまず、嵐の櫻井翔さんが軽快なラップで入り、両グループが息の合ったダンスで盛り上げた。嵐メンバーが「A・RA・SHI  A・RA・SHI for dream」とバッチリ冒頭のサビを決めたところで、背後の乃木坂メンバーがステージ前方に移動。ラップ調のAメロをソロで順番に歌い回した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >